はじめに(シミとは)

シミとは皮膚の中にメラニンが蓄積されて、地肌より色が濃く見える部分のことです。私たちが「シミ」として見ている肌の黒い部分は、メラニンが肌の表皮に現れているのではなく、肌の奥に潜んでいるものです。ですから、皮膚の奥に働きかけなければ、シミの改善には効果がありません。シミは一度現れてしまうと簡単には消すことができませんし、シミが原因で老けて見られることもあるので、早めのケアが必要です。

当サイトでは、シミができる原因やメカニズム、シミの種類、シミを消す方法などあらゆる情報をわかりやすく紹介しています。あなたのシミを消すためにぜひこのサイトを利用してください。

シミの原因とメカニズム

シミは、メラニンという褐色ないし黒色の色素が皮膚の組織内で生成され、蓄積することが原因で現れます。私たちの肌は何層にも重なり合ってできていますが、その一番深い層に「メラノサイト」と呼ばれる色素細胞があり、それが紫外線や摩擦などの刺激を受けるとメラニンを生成します。通常は肌のターンオーバーにより、このメラニンは表皮に押し出され、アカとなって排出されます。しかし、それが肌の中に留まったままになるとシミになります。シミができるメカニズムには、以下のような要素が関係しています。

外部からの刺激

メラニン生成の原因となる「刺激誘因物質」として、代表的なものに紫外線があります。紫外線を浴びると肌に大きな負担がかかり、肌を守るためにメラニンが生成されます。紫外線は目に見えませんが、夏だけではなく、一年を通して私たちに降り注いでいます。

顔をゴシゴシ洗ったり、強くこすったりする摩擦も外部からの刺激となり、メラニンが生成されてしまいます。良かれと思って力を入れ過ぎて洗顔したりマッサージをしたりすると、かえってシミを作り出してしまいます。

活性酸素も刺激誘因物質となります。活性酸素は激しい運動をしたり、紫外線を浴びることで大量に発生します。活性酸素が増えすぎると細胞の老化を促し、肌がダメージを受けたと判断し、メラニンを生成してしまうのです。

あまり知られていませんが、女性ホルモンのバランスが乱れることでもシミは発生します。女性ホルモンが正常に分泌されている肌は健康で、メラニンが生成されても排出されて、蓄積することはまずありません。しかし女性ホルモンのバランスが乱れると、肌のターンオーバーが低下し、シミができやすい状態になってしまいます。

ターンオーバーの乱れ

一度シミができてしまった場合でも、肌のターンオーバーが良ければシミは徐々に薄くなっていきます。しかし、何らかの原因で肌のターンオーバーが乱れてしまうと、メラニンが肌の外に排出されずにシミとなってしまいます。

肌のターンオーバーが乱れる原因として、ストレス、睡眠不足、加齢、紫外線による影響などが挙げられます。ストレスや睡眠不足は自律神経のバランスを崩してしまい、肌のターンオーバーにも影響を与えます。加齢によって肌が老化することや、紫外線による皮膚細胞へのダメージも、肌のターンオーバーを遅らせます。

生まれつきの体質(遺伝)

生まれつきの体質(遺伝)によってもシミが発生することがあります。例えば、遺伝的に生まれたときからシミがある人や、幼少期からシミがある人もいます。また、体質的にシミができやすい人は、肌に軽い刺激を受けたり、ホルモンバランスが少し乱れたりするだけでもシミができることがあります。

関連リンク:シミの原因とメカニズム

シミの種類と症状

一口にシミと言っても、その種類は大きく分けて9つあります。それぞれに原因や症状が異なるので、自分のシミはどれに当たるのかチェックしてみてください。

老人性色素斑(日光黒子)
最も多くの人にあるシミで、紫外線が原因で現れます。若者にでも誰にでもできる一般的なシミですが、加齢とともに増加したり、濃くなったりします。ですから、早い段階でのケアが必要なシミです。
肝斑(かんぱん)
頬骨の上から目じりの下にできる数センチの大きさのシミで、茶色っぽく、両目の下に左右対称にできるのが特徴です。肝斑は、紫外線と女性ホルモンに関係しているシミで、30代~40代の女性に多く見られます。肝斑は閉経とともに薄くなり、人によっては消えることもあります。
そばかす(雀斑)
通常のシミよりも小さく、鼻の周辺や頬に現れやすいという特徴があります。そばかすは遺伝性であることが多いので、紫外線対策をしてもできてしまうことが多いです。しかし、そばかすをそれ以上濃くしないためにも紫外線対策は重要です。
遅発性両側性太田母斑
一般的なシミである老人性色素斑(日光黒子)とは違い、皮膚のさらに深い所にある真皮層にできるシミです。頬だけではなく、目の周りや額にもできるシミで、灰色がかった色や青っぽい色をしています。
脂漏性角化症
お年寄りに多いシミで、黒くてイボのようにも見えます。全身どこにでも現れるシミで、かゆみを伴うこともあります。少しずつ大きくなっていくという特徴があるので、小さいうちにケアしたいシミです。
炎症後色素沈着
ニキビや皮膚炎、火傷、怪我など、何らかの炎症が起こり、その炎症が治まった後に残ってしまうシミです。1年以内に消える軽度のものもありますが、重度の場合は数年かかることもあります。
対称性真皮 メラノサイトーシス(AMD)
灰色っぽかったり青みがかったシミで、肝斑と同じく両目の下に現れるので、間違って肝斑に対するケアを行ってしまう人もいます。皮膚の奥深くの真皮層にメラニンが存在しており、シミというよりはくまに近いものになります。
摩擦黒皮症
タオルでゴシゴシ拭くなど、皮膚の摩擦が原因で起こり、黒ずんでいるのが特徴です。下着の締め付けなどによっても起こります。過度のスキンケアや強過ぎるマッサージによって、知らず知らずのうちにこのシミを作り出していることもあります。
花弁状色素斑
背中や肩に現れやすく、強い紫外線によって引き起こされることが多いシミです。広範囲にわたって、花弁が散っているように数センチのシミが現れるのが特徴です。肌が白い人に多く見られるシミです。

関連リンク:シミの種類と症状

シミを消す方法

シミを消すには、基本的に3つの方法があります。まず1つ目は、メラニンの生成を抑制することです。シミはメラニンが肌に蓄積してしまうことでできるので、紫外線対策などによって、メラニンの生成を抑えることが大切です。これはシミを消す方法というよりは、シミができる前に予防したり、これ以上シミを濃くしないようにする方法です。

2つ目の方法は、肌のターンオーバーを促進して、シミとなっているメラニンを肌の外に排出することです。皮膚は何層にも重なり合ってできていますが、深い層にあるメラニンが表皮に押し出されると、最後はアカとなって排出されます。

3つ目の方法は、メラニンを直接除去するという方法です。できてしまったシミを消したり薄くしたりするために、レーザー治療や光治療などによって直接メラニンを除去します。

関連リンク:シミを消す方法

生活習慣の改善

シミを消す具体的な方法に生活習慣の改善があります。シミを消すためには、食事のバランスはとれているか、睡眠時間は十分であるか、ストレスを溜めていないかなどをチェックする必要があります。生活習慣は肌のターンオーバーに影響を与えるので、規則正しい生活習慣を心がければ、肌のターンオーバーが促進され、シミが消えるまでの期間を短くすることができます。

化粧品を使う

シミに有効な成分が入っている洗顔料、クレンジング、化粧水、美容液、乳液、クリームなどが多く販売されています。普段からこれらの基礎化粧品を使用することによって、シミの改善が図れます。

頑固なシミは、カバー力の強い化粧品で見えなくする方法もあります。「シミ隠し用」というシミ隠しに特化した化粧品は、カバー力が強くなっています。また、それらにはシミに有効な成分も配合されていることが多いです。

関連リンク:化粧品を上手く使ってシミ対策

基礎化粧品でシミを薄くする

毎日使用する基礎化粧品によって、シミを薄くしたり、消したりすることも可能です。洗顔料やクレンジングは、肌への刺激や負担が少ないものを選ぶことが大切です。化粧水や美容液、乳液、クリームも、シミの改善に効果的な美白成分が入っているものを選ぶと、シミが薄くなることが期待できます。

メーキャップ化粧品で目立たないように隠す

一度できてしまったシミを今すぐに消すことはできないので、シミが消えるまでの期間はメーキャップ化粧品で隠すことをおすすめします。シミを強力にカバーする化粧品として、コンシーラーやファンデーションがあります。

コンシーラー
コンシーラーはシミやくすみ、くま、アザなどを隠すほどのカバー力があります。コンシーラーには、リキッドタイプ、クリームタイプ、スティックタイプ、ペンシルタイプがあり、それぞれカバー力も異なります。シミの大きさや色によって、コンシーラーを選ぶとよいでしょう。また、コンシーラーはファンデーションの種類によって、使う順番が異なります。パウダーファンデーションの場合は、コンシーラーを塗ってからパウダーファンデーションを塗ります。しかしリキッドファンデーションの場合は、まずリキッドファンデーションを塗り、その上からコンシーラーを使用します。そしてシミが隠れたのを確認して、最後にパウダーで仕上げます。

関連リンク:シミをメイクでカバー!コンシーラーの使い方

ファンデーション
ファンデーションのみでシミを隠す方法とコンシーラーと併用して隠す方法がありますが、ファンデーションの種類により、カバー力が異なります。ファンデーションには、パウダーファンデーション、リキッドファンデーション、クリームファンデーション、ルースファンデーションがありますが、シミ隠しにはリキッドファンデーションかクリームファンデーションが適しています。カバー力の強いファンデーションを選べば、コンシーラーを使用しなくてもシミを隠すことができます。

関連リンク:シミをメイクでカバー!ファンデーションの使い方

医薬品でシミを消す

医薬品でシミを消す方法もあります。シミに効く成分には、様々なものがあります。

ハイドロキノンは強力なシミ消し成分と言われています。メラニンの生成を抑制し、すでにできたシミを薄くする還元作用もあります。ただ、刺激の強い成分なので、まずはパッチテストを行ってから使用するとよいでしょう。

トラネキサム酸はメラノサイトの働きを阻害し、メラニンの生成を抑制します。トレチノインは肌のターンオーバーを促進し、メラニンを肌の外に排出する作用があります。フルオロウラシルは美白効果が高い成分で、ほくろを薄くする効果まであります、ビタミンC誘導体には美白効果があります。詳しくは関連リンクをご覧ください。

関連リンク:医薬品とシミに効く成分

病院・エステ・美容クリニックでシミを取る

シミを取る専門機関には、エステ、美容クリニック、病院などがあります。エステは医療機関ではありませんが、美容クリニックと病院は医療機関に属します。それぞれに治療方法、治療費、使用される薬などが異なります。

エステ
エステでは、メラニンの抑制効果や美白効果がある施術を行ったり、肌のターンオーバーを促進するための美容液の導入などが行われます。シミ取りも含めた美肌目的の施術が行われますが、レーザー治療は行われません。費用は高額なケースがほとんどです。また、保険の適用はありません。
美容クリニック
美容専門のクリニックなので、シミ取りの経験豊富なクリニックが多いと言えます。美容クリニックでは、レーザー治療や軟膏の処方が行われます。美容クリニックは病院とは違い、クリニックが自由に料金を設定するため、医療機関によって料金が大きく異なります。しかしほとんどの場合、費用は高額で、保険は基本的に適用されません。
病院
病院ではシミのみに対する治療が行われるので、美肌などの効果は期待できません。しかし、エステや美容クリニックでは改善されないような濃いシミでも、病院の治療で改善できることがあります。病院でもレーザー治療や軟膏の処方が行われます。費用は比較的安く、症状次第では保険が適用されることもあります。しかし、アザなどではなく、シミが気になるから取りたいという程度の理由では、保険は適用されません。病院では、皮膚科、美容外科・美容整形外科、美容皮膚科がシミ取りの治療を行っています。

関連リンク:病院・エステ・美容クリニックでのシミ取り

レーザー治療・光治療でシミを直接消す

レーザー治療で消すことができるシミは「狭い範囲のシミ」になります。老人性色素斑や脂漏性角化症は一か所にポツンとできているタイプのシミなので、レーザーでの治療が可能です。しかし、広範囲に及ぶそばかすや肝斑にように薄く広がったシミには、レーザー治療ではなく、低周波レーザーや光の弱いレーザーが使用されます。

レーザーが単一波長なのに対して、光治療では幅広い波長のソフトな光を照射するので、肌への負担が少ないというメリットがあります。顔全体に一気に照射できる光治療もありますが、その場合は濃いシミを取るのには向いていません。

レーザー治療や光治療は、セルフケアでは消すことが難しいシミでも改善できるというメリットがあります。しかし、基本的に保険適用ではないので、費用が高額になるのがデメリットです。

関連リンク:レーザー治療・光治療でシミを直接消す

顔にできたシミを消す方法

シミは皮膚であればどこにでもできる可能性はありますが、顔に一番できやすいとされています。特に頬、額、目の下、鼻などにシミができやすくなっています。部位によって、紫外線への露出度やホルモンバランスの影響の受けやすさも変わります。

目の下のシミ
目の下に現れやすいシミは肝斑です。目の下は皮膚が薄く、皮脂腺もないため、肌が無防備な状態になっています。ですから目元は刺激を受けやすく、刺激によってメラニンが生成されて、色素沈着が起こりやすい部位なのです。また、パソコンやスマホなどで目を酷使することによって眼精疲労が起こり、血行不良になってしまいます。すると目の下に十分な栄養分が運ばれないので、目元の肌のターンオーバーが悪くなり、シミができやすくなってしまいます。目の下のケアとして、目を酷使することを避け、保湿と紫外線対策をしっかり行い、洗顔の際などにも目元を強くこすらないようにしましょう。
頬のシミ
頬は紫外線に対する露出度が高く、シミができやすい部位です。紫外線や老化によってできる老人性色素斑、ホルモンバランスの乱れから生じる肝斑、先天性のそばかすなど、様々なシミができやすい場所です。紫外線対策をしっかり行い、チークブラシによる摩擦などでも色素沈着が起こらないように気をつけましょう。
鼻のシミ
鼻は顔の中で一番高い位置にあり、紫外線の影響を最も受けやすい場所です。鼻にできやすいシミは、炎症性色素沈着、老人性色素斑、そばかす、そして紫外線が原因の脂漏性角化症です。日焼け止めクリームを念入りに塗るなどして、紫外線対策をしっかり行いましょう。
額のシミ
額のシミは、ホルモンバランスの影響を受けやすいとされています。ストレスでホルモンバランスが乱れたり、活性酸素が発生したりすると額のシミができやすくなります。額のシミを改善するためには、保湿ケアと紫外線ケアを行うと同時に、ストレスを溜めないような生活を心がけましょう。

関連リンク:顔にできるシミについて

体にできたシミを消す方法

シミは顔のほかにも手の甲や背中、腕、足などにも現れることがあります。肌が乾燥していると紫外線の影響や摩擦による刺激を受けやすくなるので、顔だけではなく、体全体の保湿もシミ予防には大切です。紫外線対策や炎症に対する処置などを怠ると、体の様々な部分にシミができてしまうことがあります。

手の甲にできたシミ
手の甲のシミは、主に炎症が原因です。火傷や怪我、日焼けなどの後に色素沈着が起こることがあり、これを炎症性色素沈着と呼びます。手の甲のシミを防ぐためには、火傷や怪我の治療をきちんと行うことはもちろんですが、普段から紫外線対策を行い、合成界面活性剤を含んだ食器洗剤を使用する際にも手袋をして、手荒れや手の乾燥を防ぐことが大切です。
背中にできたシミ
背中にシミができる主な原因は、紫外線の影響とニキビ跡です。背中のシミ対策として、まず第一に背中に強い日差しを浴びないようにすることが大切です。そして、背中は皮脂の分泌が激しく、ニキビができやすい部位ですから、普段から背中をチェックして、早い段階でニキビケアをすることが大切です。初期段階でケアできれば、色素沈着の可能性も低くなります。
腕にできたシミ
腕は露出していることが多いので、紫外線の影響を受けやすい部位です。そのほかにも、摩擦による刺激も受けやすいので、肌に刺激が及ぶ素材を使ったアームカバーや洋服などは避けるようにしましょう。
足にできたシミ
足のシミのほとんどは、炎症性色素沈着が原因で現れます。炎症性色素沈着は、紫外線やニキビ跡などが原因で起こりますが、そのほかにもアトピー性皮膚炎、虫刺され、かみそり負けなどによっても引き起こされます。足のシミを改善させるためには、紫外線対策、アトピー性皮膚炎の治療、肌に刺激を与えない工夫などが必要となります。

関連リンク:手の甲や背中にもできる!体のシミを消す方法

ニキビ跡が原因のシミを消す方法

ニキビが悪化したり、ニキビを潰したりして強い炎症が起こるとニキビ跡が残ってしまいます。ニキビが炎症を起こすとメラノサイトからメラニンが分泌され、それがニキビ跡に沈着し、茶色く残ってシミになってしまいます。

ニキビ跡が原因のシミを消すためには、ニキビによる強い炎症を防いだ上で、肌のターンオーバーを加速させて、メラニンの排出を促さなければなりません。それには、コウジ酸やプラセンタエキス、ビタミンCやビタミンEを含んだ化粧品を使ったスキンケアも有効です。もしニキビができた場合でも、触らずに適度な保湿ケアをし、皮脂をエサにするアクネ菌などが増殖しないよう、肌を清潔に保ちましょう。

関連リンク:ニキビ跡が原因のシミを消す方法

日焼けによるシミを消す方法

日焼けをすると、紫外線から肌を守るためにメラニンが分泌されます。肌のターンオーバーが正常であれば、メラニンはシミとはならずにアカとして、肌の外に押し出されます。しかし、メラニンが肌の外に排出されずに留まったままでいると、シミとなってしまいます。

日焼けによるシミを消す方法として、メラニンに作用する成分を含んだ化粧品を使用することや、メラニンの排出を促すレーザー治療を受けることなどがあります。

日焼け後にシミを作らないためのアフターケアとして、冷却と保湿、そして体への水分補給が大切です。日焼けは火傷と同じ状態なので、まずは冷却し、炎症が落ち着いてから美白ケアと保湿を行います。保湿は肌を刺激から守るために非常に重要です。また、直接水分を飲んで水分補給することによって、体内の細胞レベルからも肌の保湿をすることが大切です。

関連リンク:日焼けによるシミを消す方法はある?対策とアフターケアまとめ

20代からのシミ対策

20代は肌のターンオーバーが活発で、メラニンが生成されても肌に留まらずに排出されるので、シミができることは少ないです。しかし、20代のうちからシミ対策を行うことによって、30代、40代になってもシミができる可能性を低くすることができます。

20代から行うシミ対策として、まず挙げられるのが紫外線対策です。夏だけではなく、一年を通して紫外線対策を行う必要があります。日焼け止めクリームやUV対策の化粧品などを使用すると、一年を通して常に紫外線から肌を守ることができます。

もう一つのシミ対策として、健康的な生活習慣が挙げられます。バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動、ストレスを溜めない生活などは、シミ予防のためにも20代から常に心がけることが大切です。

関連リンク:20代からのシミ対策

シミの予防とセルフケア

シミは予防することができますし、もしシミができたとしても、セルフケアによって薄くしたり、消したりすることもできます。しかし、自分ではシミを予防しているつもりでも、いつの間にか現れていたり、目立たないところにひっそりとできていたりすることがあります。シミはある日突然現れるのではなく、普段の間違ったスキンケアや紫外線によるダメージの積み重ねなどが原因でできるものです。ですから、日頃から正しい方法で予防したり、セルフケアを行うことが大切です。

シミの予防

シミを予防する上で、重要な点はたくさんあります。まず、日焼け予防が重要であることは言うまでもありません。紫外線を浴びるとメラニンが生成されてしまうので、紫外線対策は基本中の基本です。また、肌に刺激を与えないことも、メラニンの生成を抑えたり、色素沈着を防ぐ上で大切です。

そのほかの点として、活性酸素を防ぐことも大切です。激しい運動などによって活性酸素が大量に発生すると細胞が酸化して、シミができやすくなってしまいます。また、女性ホルモンが乱れると、メラニンが多量に生成されてしまうので、女性ホルモンのバランスを整えることも大切です。また、食生活や睡眠などの生活習慣を見直すことも、シミの予防には欠かせません。

セルフケア

シミは予防が大切なことは言うまでもありませんが、できてしまった場合でも、それ以上に濃くしないケアが大切です。できてしまったシミをさらに濃くするか薄くするかも普段のセルフケアにかかっていますから、正しいセルフケアの方法で最善の努力をしましょう。セルフケアには以下のような方法があります。

シミに効果のある食べ物を摂る
ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールが含まれている食べ物は、シミの改善に効果的です。具体的にはトマト、かぼちゃ、レモン、柿、緑黄色野菜などです。しかし、女性ホルモンの乱れが原因でできたシミは、それらの食品では改善されないことがあります。その場合は、豆腐、豆乳、納豆などの大豆食品を摂ると女性ホルモンのバランスが整って、シミの改善が図れます。
漢方やサプリメントでシミ対策
漢方やサプリメントの最大のメリットは、副作用の心配がまずないことです。食品として長期的に摂取できるので、普段から継続的にシミ対策を行うことができます。最近ではドラッグストアでも漢方薬コーナーやサプリメントコーナーが設けられ、手軽に入手することができるようになりました。
エッセンシャルオイル
シミに効果的とされるエッセンシャルオイルを利用することで、メラニンの抑制、紫外線カット、美白、肌のターンオーバーの促進、活性酸素の除去などの効果が期待できます。エッセンシャルオイルの種類によってもその効果は異なりますので、自分のシミに合ったものを選ぶようにしましょう。
民間療法
薬を使用せずに自宅で気軽に行える民間療法もあります。例えば、シミにレモン汁を塗る、プレーンヨーグルトでパックをする、スライスした玉ねぎをシミに数分あてるというような民間療法があります。これも漢方やサプリメント同様、副作用を気にせずに長期にわたって行えることが大きなメリットです。
市販されているシミ対策グッズを使う
市販されているシミ対策グッズの中にも、セルフケアに役立つものがたくさんあります。シミ対策用の基礎化粧品を使ったり、日傘、アームカバー、帽子、サングラスなどを賢く利用することもセルフケアとして有効です。

関連リンク:シミの予防とセルフケア