シミ予防とセルフケア

コンシーラーを使ってシミを隠すメイク方法

できてしまったシミは、メイクで隠すとよいでしょう。シミの範囲や色によってカバーする方法が変わります。隠し方を間違えると、シミがかえって目立つこともあるので注意しましょう。ここでは、コンシーラーやファンデーションなどを使ったシミの隠し方をご紹介します。

コンシーラーの種類

コンシーラーには、リキッドタイプとクリームタイプ、スティックタイプ、ペンシルタイプがあります。シミに合わせて適切なものを選びましょう。ここでは、それぞれのコンシーラーの特徴をご紹介します。

リキッドタイプ

液状のコンシーラーで、塗りやすいというメリットがあります。しかし、テクスチャーがなめらかであるため、濃いシミを隠すことは難しいです。筆ペンやチューブ状のもの、先端がチップ状になっているものがあります。

クリームタイプ

リキッドタイプよりも固いテクスチャーのコンシーラーです。筆ペンや先端がチップ状になっているもの、チューブ状のものがあります。他にも、容器に入っているものやパレットに入っているものもあります。

スティックタイプ

固めのテクスチャーであるため伸びが悪いですが、それだけシミを隠しやすくなっています。リップ状になっているため、小さなシミの上から塗りやすいというメリットがあります。

ペンシルタイプ

コンシーラーの中では最も固いテクスチャーで、鉛筆のような形状をしているため、小さなシミにも塗りやすいというメリットがあります。

コンシーラーを使う順番

コンシーラーをどのタイミングで使うかということは、使うファンデーションの種類で異なります。パウダー系のファンデーションを使うのであれば、その前にコンシーラーを塗りましょう。リキッド系のファンデーションの場合は、後からコンシーラーを使い、パウダーで仕上げます。具体的に、どのように塗っていくのかご紹介します。

パウダーファンデーションの場合

最初にスキンケアをしたうえで化粧下地を塗りましょう。次に、コンシーラーをシミに馴染ませて、その上からファンデーションを塗ります。最後にシミが隠れているか入念にチェックしましょう。

リキッドファンデーションの場合

最初にスキンケア、化粧下地で肌を整えてから、ファンデーションを塗り、その次にコンシーラーでシミを隠してください。しっかりとシミがカバーできていることを確認したうえでパウダーで仕上げます。

シミの範囲別、コンシーラーの選び方

シミの大きさによってコンシーラーの選び方と隠し方が異なります。できているシミに合わせてコンシーラーを選びましょう。

範囲が広いシミ

肝斑や大きなシミには、リキッドタイプかクリームタイプのコンシーラーがおすすすめです。ファンデーションと馴染みやすく伸びがよいので使いやすいのですが、カバー力が低いので、工夫して塗る必要があります。

シミの部分から外側に向かってコンシーラーを軽くたたくイメージでのせていき、続いてブラシの毛先で「X」を描くイメージでコンシーラーをつけていきましょう。最後に、ブラシの側面でコンシーラーを均一にするために軽く押さえてください。最後に、フェイスパウダーを馴染ませます。

小さいシミ

ペンシルタイプやパレットタイプなどの固いテクスチャーのコンシーラーを、シミの二回り程度の範囲までのせていきます。続いて、コンシーラーの輪郭部分を指で馴染ませて、その上からパウダーで優しく押さえます。輪郭部分が目立つことで、コンシーラーが目立ってしまうので、入念にチェックすることをおすすめします。

シミの種類別、コンシーラーの色の選び方

シミの種類によってコンシーラーの色を変えましょう。これは、シミによって色が異なるため、同じ色のコンシーラーでは隠すことができないためです。間違った選び方をすると、かえってシミが目立ってしまうこともあります。

ニキビ跡

赤みが目立つニキビ跡に対しては、イエロー系のベージュがおすすめです。肌と同色か少しだけ明るいコンシーラーを使うとカバーしやすくなります。ニキビ跡が原因のシミには、赤色、茶色の2種類があるので、それぞれの色にあったコンシーラーを選ぶことが大切です。

肝斑・大きなシミ

肌より少し濃い色のコンシーラーを選びましょう。ファンデーションや肌の色よりも少し暗い色を選ぶことで、シミを隠しやすくなります。明るい色を選ぶと、浮いて見えるためシミをカバーできません。

肌の色は人によって異なるので、自分の肌の色に合うコンシーラーが見つからないこともあるでしょう。そのような場合は、複数の色のコンシーラーを混ぜて肌に合う色をつくりましょう。パレットタイプのコンシーラーは、複数の色が入っているので便利です。コンシーラーを1回に使う量は少しなので、パレットタイプのコンシーラーを購入しても長持ちします。