シミ予防とセルフケア

20代からのシミ対策

若ければシミができる心配はないと思っている方もいるかもしれませんが、紫外線や摩擦による影響は20代の肌にも及びます。しかしながら、20代のシミは遺伝や体質によるものが多いので、シミができていない人の方が多いでしょう。30代、40代になってシミができないように、20代からシミ対策をすることが大切です。ここでは、20代から行いたいシミ対策をご紹介します。

20代のシミの原因

20代のシミは、紫外線を浴び続けていたり、メラニン色素を排出するための肌のターンオーバーが滞っていたりすると発生します。

紫外線

紫外線を浴びると、防御反応としてメラノサイトからメラニン色素が分泌されます。紫外線を浴び続けると、肌の奥にある線維芽細胞がダメージを受け、肌の弾力を保つためのコラーゲンやエラスチンが減少します。その結果、肌が乾燥しやすくなり、さらに刺激を受けやすくなるのです。

メラニン色素は、このような刺激が肌の奥へと侵入しないようブロックする役割を果たしています。メラニン色素は黒い色素であるため、肌に沈着すると黒いシミになってしまうのです。

ターンオーバーの乱れ

肌のターンオーバーが正常であれば、メラニン色素は自然に排出されるため、シミができることはありません。しかし、20代はホルモンバランスが崩れやすくターンオーバーが乱れやすいため、メラニン色素を排出しきれずにシミとして残ってしまうことが多いのです。

20代のシミの特徴

20代のシミは、炎症性色素沈着と老人性色素斑によるものが多いとされています。炎症性色素沈着は、日焼けや赤ニキビなど炎症が起きた後にできるのが特徴です。老人性色素斑は、40歳前後で現れやすくなるといわれていますが、紫外線を浴びる機会が多い人は20代後半頃から現れることもあります。

また、雀卵斑(そばかす)や肝斑によるシミの場合もあります。雀卵斑は、2~3mmの淡い褐色の小さなシミがいくつも現れるもので、顔に限らず紫外線の影響を受けやすい背中や胸元にも現れることがあります。肝斑は、頬や額に左右対称に現れる平べったいシミです。紫外線や摩擦、ストレス、ホルモンバランスの変化などが原因で悪化することがあります。

20代でシミが出来てしまったら

20代は肌のターンオーバーも活発で、コラーゲンやエラスチンなども十分に生産されています。そのため、20代でシミが出来た場合は、早めに対処することで元の美しい肌を取り戻せる可能性があるのです。シミを改善したいのであれば、スキンケアや生活習慣の改善、紫外線予防などさまざまな面からアプローチをかけることが大切です。

スキンケア

厚生労働省から認可を受けている美白成分が含まれた化粧品でケアをしましょう。皮膚への浸透性を高めたビタミンCであるビタミンC誘導体、シミができる過程に作用するトラネキサム酸やリノール酸、アルブチン、コウジ酸、メラニンの生成を抑えるプラセンタエキスなどがあります。

メイクで隠す

シミは、一度できてしまうと消すのに時間がかかります。消えるまでの間は、コンシーラーやファンデーションで隠しましょう。ただし、油分が多い化粧品を使ったり、肌を摩擦しながら塗ったりするとシミの悪化を招く可能性があるので注意してください。

20代からのシミ予防

20代からシミ予防を心がけることで、30代や40代になってからのシミを防げる可能性があります。シミ予防として、紫外線対策と生活習慣の改善を行いましょう。

紫外線予防

シミの最大の原因は紫外線です。夏だけではなく、1年を通して紫外線対策をしましょう。日焼け止めクリームを塗るだけでは、紫外線から肌をしっかり守ることができない可能性があります。日焼け止めクリームを塗ったうえで、日傘をさしたり帽子を着用したりしましょう。また、白系は紫外線を通しやすいので、黒系の服を着ることをおすすめします。

生活習慣の見直し

生活習慣の改善が、ホルモンバランスを整え、ターンオーバーを促すことに繋がります。偏食、睡眠不足、運動不足を改善しましょう。

・食事
栄養バランスに優れた食事を心がけつつ、豚レバーや牛レバーに含まれるビタミンB2、赤ピーマンやゆずに含まれるビタミンC、大豆やハチミツに含まれるL-システイン、トマトやピーマンに含まれるリコピンなどを意識的に摂りましょう。

・睡眠
睡眠時間を確保することが大切です。また、眠り始めの3時間の間に成長ホルモンが分泌されて、ターンオーバーが促されるので、熟睡できる環境を整えることが睡眠不足の解消に繋がります。眠りにつく前にスマホやテレビなどは見ないようにしましょう。また、食事は3時間前までに済ませ、1時間前に入浴してください。

・運動
ターンオーバーに必要な栄養を摂っていても、血流が悪いと肌のすみずみまで栄養が行き渡りません。運動には、交感神経を活発にして血流を促す効果が期待できます。激しい運動は必要ないので、毎日続けられる程度の運動をおすすめします。